BLOG

2019.7.12

日々のこと

すってんのかってんの

熊本の方言で、

『 すってんの・かってんの(-言う) 』 という言葉がある。
【 つべこべ、 あれやこれや、馬鹿だのアホだの(-言う)】 の意味。

実家で暮らす母たちが日頃からよく使っているフレーズで、
地元で生活していなければ、なかなかお耳にかかることは出来ない。

 

8年前、この最強の 『 すってんのかってんの 』 に出くわした。

 

 

前年に健康診断で肺癌が見つかった親父は、その時すぐに外科手術を受けて、その後の経過は順調だった。
しかし1年後に再発が見つかり再入院が決まった。

前々から「もしも再発したら直ちに放射線治療となります」と担当医から説明を受けていたので
家族は皆、不安を抱えながら治療の経過を見守ることになった。

 

ところが、なかなか治療が始まらない・・・
再発の診断から何もしないまま、あっという間に2ヶ月近くが経とうとしていた。

聞けば、治療器の使用が順番待ちの状況なのだという。マジか・・・

熊本県内でも地方に位置するとはいえ、そこは数十~百床以上はある地域一番の総合病院。
いまどきの地域医療とはこんなものか、と思い知らされた。

私の妻も看護師として、以前に東京で病院勤めの経験があったので
そのギャップに驚きを隠せない。

 

癌の再発は時間との勝負、それくらいは素人でもわかる。

そもそも治療待機が予測されるんだったら、なぜ最初に言ってくれないのか・・・?

そうすれば、こちらもすぐに判断して
もう少し環境が整った病院へ移転するとか手が打てたはずなのに・・・
設備環境というよりも、スタッフの意識の問題・・・?

我々家族はそんな理不尽な想い、焦りを病院側へ向けていた。

 

 

その時

病床の親父が声を張った・・・

 

『 そぎゃん、すってんのかってんの言わんちゃよか、見苦しかろうが 』
( そんな、あれやこれや騒ぎたてるな、見苦しいだろ )

 

この極限の状況で、いまそれ言う・・・??  すごいな・・・

病室は静まり返り、それ以上まわりは何も言えなかった。

 

 

親父は最後まで親父だった。

 

 

---  今日は親父の月命日。

 

 

CONTACT

092-409-9543

all day 9:00 - 17:00