BLOG

2020.2.9

思うこと

得意技

今度の4月で年長さんになる我が家の娘。

いま通っている習い事は「バレエ」「公文(こくご・さんすう)」
保育園内の活動も入れると「絵画」に「英語」も。
まだ5歳ながら、今日もまた彼女はとても忙しそうなスケジュール・・・。

父親の私から娘には
『 大好きだと思うモノ、夢中になってやれるコトであれば、一生懸命頑張りなさい 』
とだけ伝えてあり、あとは本人にお任せ。

思えば自分が子供の頃、特に小学生時代(昭和58年~平成元年)は
クラスの友達を見渡しても、習い事を数多くやっていることが当時のステータスだった。

その頃人気があった習い事といえば
スイミング、習字、そろばん、公文、エレクトーン、ピアノ

私は
サッカー、少年野球、剣道、一輪車、習字、コーラス(音楽)

必ずしもこれら全部、自ら習いたくて習っていた訳ではなかった・・・。
その大半は親の熱心な思いから「習わされて」いたように思う。

 

 

 

急に話を飛ばすが、私が尊敬する方々の一人に
アニメ制作会社「スタジオジブリ」の名プロデューサー、鈴木敏夫さんがいる。

鈴木さんが、これまでラジオやフリートークでお話しされていた中で、心に響いた多くの言葉がある。
その中でも一番衝撃を受けた言葉は

『 とにかく自分の得意技をキメたらいい!』  キメる=役割を果たす、≠決定する
『 いろんな得意技を持った仲間達が寄り集まって、そこで自分の得意技をキメる、これでいいんだよっ! 』

と、おっしゃられていた。

ここで鈴木さんの「仲間達」とは、
ご存じ宮崎駿先生、高畑勲先生をはじめ、様々な才能に溢れたジブリスタッフの面々や
周囲の仕事関係者らのことだろう。

 
なぜこの言葉が響いたのかと言えば、
もともと私の中にあった、誰しもが抱いているだろう
『 ヒト(自分)は何のために生きるのか・・・ 』 という漠然とした人生最大級の問いに、
鈴木さんのその言葉が私の中で、答えとしてピタリと当てはまったからだった。

鈴木さんご本人は、そんなつもりの発言ではなかったのかもしれないし
もしかすると私の拡大解釈かもしれない・・・ いやいや、そんなことはないはずだ・・・。

 

 

つづく

 

CONTACT

092-409-9543

all day 9:00 - 17:00