BLOG

2021.5.12

思うこと

知床旅情

 

 
それは間違いなく親父の仕業だった・・・

 

 

 

5月、とある日の未明。

 

私は親父の車の運転席に乗り込み、下の姉が助手席に
上の姉が後部座席に座った。

エンジンを掛けると突然
沈黙を破るようにカーステのCDから曲が流れ出した。

 

・・・ 知床旅情(加藤登紀子)だ。

 

親父が大好きな曲で、
本人は運転しながらよく口笛を吹き鳴らしていた。

 

 

つい15分前に
病室で医師から、親父の臨終を言い渡された我々家族一同。

みんな動揺したまま、いったん実家に引き上げようと
2台の車があるうち、なぜか姉弟3人揃って
親父の使っていた車の方に乗り込んだ、丁度その時だった・・・。

 

 

親父から子供たちに向けた惜別の一曲・・・ そう直感した。

 

 

 

 

あれから今日でちょうど10年。

 

今朝、スマホで知床旅情をダウンロードして
午前中からそれを聞き流しながら仕事に耽っている。

 

 
” お父さん、緊急事態宣言が止んだら、またそっちに顔出します・・・ ”

 

 

CONTACT

092-409-9543

all day 9:00 - 17:00